初代ワンコが亡くなり次に2歳5ヶ月でやってきた2代目ワンコ! やんちゃな彼と里親家族との奮闘記
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
家族揃いました!
 
 
【2010/07/15 16:20】
 
 
皆様、本当にご心配おかけしました。

パーシー無事、退院いたしました。
入院前も見た目は、とても元気でしたが退院後のパーシーを見ているとやはりあの時だるかったんだろうなぁ~と思います。

パーシーのいなかった間のビッケ、我関せずもあり、つまらないなぁ~態度あり、ママ遊ぼ・・・あり。。。
お散歩は、たっぷり歩きました。
結構早い足取りでびっくり!!!
パーシーが普通に歩くコースクリアーでした。
そして、草むらに入ったり出たり・・・

      100714_170726_convert_20100715123217.jpg


      100714_170707_convert_20100715123131.jpg


      100714_170651_convert_20100715123106.jpg

ゴン太くんの処に行きたがります。
残念ながら、ゴン太君は、ビッケに興味を示してくれませんでした。

ビッケ、遇うワンコすべてに興味を示しますが、我が地域やはり過保護飼い主が多いみたいです。
フレンドリーなビッケでもワンコ同士を近づけたがらない飼い主さんが殆どでした。
シーズーの女の子を連れていらしたおばあちゃんが同じ犬種ということで声をかけてくださいました。
顔が小さい優しいお顔のシーズーでした。
ビッケよりも上かなと思ったらなんと3歳だって!!!
ビッケの方がずっと若々しかったですよ・・・
そして、ちょっとしつこく迫ったトイプードル君に「ヴー」と噛みつかれそうになりました。
昨日の長時間の一人のお留守番・・・
寂しかったのかな?
ママが玄関の扉を開けたら、跳びついてきました。
パーシーがいないことをどのように思っていたのかな?

パーシーがくれたプレゼント!
「僕のいない間にビッケとお話してね!」
たっぷりビッケと心を通わせましたよ。。。

       2010_0713_221017-P1030743_convert_20100715130651.jpg
       ママ!もうお話いいです。僕、ねむります。


そしてパーシー・・・
仕事中、抜け出すことができないのでクリニックにパーシー症状の様子伺いの電話を入れることができず、連絡をいれたのが16時前でした。
肝機能値は、まだ高いけれど最初に比べたら順調に下がってきていると。。。
非常に元気で、食欲旺盛、便も悪くない・・・
暫く、薬を飲むことになるけれど、もうお家の方がいいでしょう・・・

ばんざ~い

朝、パパ「今日は、早く帰れるから!」って出かけたのですぐ電話しちゃいました。
子どもの具合が悪い時でも仕事中に電話をすることは、なかったのに「早く帰れるって言ってたけれど、パーシー今日退院できるからできるだけ早く帰ってきて!!!!!」
退院時、車酔い覚悟でパーシーを連れて帰るつもりでいたママでしたがパパが早く帰ってきてくれるなら安心だぞ!

なんとパパ、18時半過ぎには、帰ってきました。
ラッキーです。

ビッケも一緒に行かれます。
何故か大人しいビッケ、ママのそばでベターとしていました。
夜の道は、以外と混んでいましたが約1時間。無事クリニックに・・・
20時になろうとしているのに次から次に患者犬・猫が。
ここのクリニックは、いつ来ても混んでいます。
ビッケは、皆とご挨拶がしたいのか大騒ぎ!
バーニーズくん、プードルくん、赤ちゃんコーギーちゃん、猫ちゃん・・・
物怖じしません。
でもちょっぴり具合の悪いワン・ニャンたちなので鼻を近づけるだけで遊べませんでした。

ちょうどワンコを亡くされた方が精算にいらしていて「寂しいけれど14歳まで頑張ってくれたんですもの・・・」と
ワンコの最期なのか7~8人の老若男女がゾロゾロ・・・奥に

全身皮膚病らしき柴犬を抱っこしているおばあちゃん・・・ワンコ14歳だそうです。
失礼な言い方ですが非常に醜くなってしまっていました。でもおばあちゃんは、愛おしそうにタオルでくるんで抱いていらっしゃいました。

ココに来るワンコ達、病気で辛くても獣医さんに連れてきてもらえるという幸せがあります。愛情たっぷり受けています。

命あるものの尊さを皆さん忘れてはいませんか?
少しでも多くのワン・ニャンに虹の橋を「幸せだったよ! 楽しかったよ! ありがとう」って感じながら渡ってもらいたいですね。

「ワンワン!」と大きな吠え声が聞こえたら、ビッケが急に「ヴァンヴァン」と煩く吠えだしました。
外を通るボーダーコリーの吠え声に反応しました。パーシーと勘違いしたようです。ママももしかしてと思ったくらいですから。。。

パーシーがエレベーターで降りてきました。
興奮気味のパーシーにビッケがちっちゃい尻尾をめいっぱい振って近づきましたがパーシーは、パパ・ママ・ビッケに目もくれず・・・
クリニックに挨拶もそこそこ、パーシーに引っ張られながら外へ。。。
詳しい話は、次の診察時に・・・

トイレしたかったようです。
すっきりした状態で車に。
ビッケもパーシーも自分で乗りました。
後部座席フラット状態でママの右にビッケ、左にパーシー。
ビッケは、ぐーぐー、パーシーは、ハーハー・・・

      

到着

      2010_0714_213512-P1030759_convert_20100715144423.jpg
           お帰りなさ~い


      2010_0714_213332-P1030747_convert_20100715143843.jpg
           遊んで遊んで!

      2010_0715_120941-P1030786_convert_20100715160318.jpg
              まだ遊べないの?

      2010_0715_080813-P1030776_convert_20100715144554.jpg
         いいも~ん・・・このチビワンコと遊ぶから


朝のお散歩、やはり力強いパーシーの歩み・・・
初めこそビッケの方が先頭を歩きましたが家に着く頃には、後をチョコチョコ。

ママが動けばパーシーが着いてくる! そしてその後をビッケが。。。
民族大移動のように右に左に動いている我が家族です。

パーシー暫く薬を飲みます。
そしてまた血液検査に行きます。
1時間のお医者さん通いでまた車に慣れてくれるかも~

パーシーに気にする程のストレスはないようです。

食事が終わるとパーシーの器をビッケが ビッケの器をパーシーが確認に行きます。
途中、交差。。。
お水だけは、ご一緒に

残念ながら、双方残っていません。。。
良く食べます。
昨夜は、ママのベットのそばで2匹仲良く並んで寝ました。ビッケがママのベットにあがってもパーシー平気でした。
今は、暑いのですぐ涼しいところを選んで移動しますが冬寒くなったら、ママベットの場所取り争いが見られるかも・・・・
楽しみだ!

      2010_0712_081912-P1030704_convert_20100715161205.jpg




スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

パーシー退院おめでとう。
大事にならなくてよかったね。
定期的に診てもらえれば安心ですね。

それにしても、ビッケが家族になって幾日も経ってないのに、
もう何年も一緒に暮らしている一家みたいな感じですね。
【2010/07/15 22:36】 URL | 葎楠パパ #8VO.81CU [ 編集]

可愛いですよ
退院時、主治医はいらっしゃらず説明を受けずに帰ってきましたので細かいことは、まだ聞いていませんが薬を飲むことで良くなるみたいです。
次回の診察の時、今後の治療を聞いてきます。

もう少し大人しくできないの?という程元気ですしいつものがっつきつきパーシーが帰ってきました。
私たちも含めて健康が一番ですね!

以外とビッケの気の強さにたじたじのパーシーですが妙に仲の良い二匹です。
楽しい毎日です。
【2010/07/16 12:40】 URL | 葎楠パパ 様へ #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://westvillege.blog57.fc2.com/tb.php/415-b47b7b7b

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。